<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
title_pict スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | -
title_pict 「山吹」の花(^-^)
「山吹」の花(^-^)

【七重八重 花は咲けども 山吹の 実の(蓑)一つだに 無きぞ悲しき】

(後拾遺和歌集  兼明親王)

この歌は…

ある時、蓑を借りに来た人がいたので

山吹の枝を渡したそうです。

その真意とは…

七重咲き・八重咲きと、山吹の花が綺麗に咲いているこの屋敷だが、

この山吹に実が付かないように、

ここには蓑一つない。

貧しく、悲しいことだ…

と言った意味を込めた歌だそうです…

皆さんも、よくご存知かもしれませんが(;^_^A


20070425_226421.jpg


「山吹」の花ことば…謙遜だそうです(*^_^*)


ところで…

山吹色を、イメージして下さい!!

と、言われ山吹の花を思い浮かべる人は

今どれくらいいるのでしょう??

(大人も子供も含めて…)

山吹色は…正式なJISの和色名(慣用色名)です。

山吹の花のような色で、平安文学では黄の代表的な色名と言われ…

黄金の形容としても用いられる場合もあるとの事。


今、日本にはたくさんの色彩が溢れています(^-^)

日本古来からの和色名、そして外来色名。


自然や毎日の生活の中から、投げかけてくれている

色彩を今の私達はキチンとキャッチできているのでしょうか??

ふと、疑問に思ってしまいました(・・?)

色彩とかカラーコーディネトなどと、難しく考えずに

身近な…例えば食材・道ばたの野草・公園の木などなどから、

季節を感じ・自然を感じ、色彩を知る…


私にとってのカラーとは自然から学ぶ事が数多くありました(^O^)/

これからもきっとそうだと思っています♪

そしてもう1つ!!

それは、親や祖父母、伯母などから何気なく耳にする日常の会話(^-^)

これもある意味、先人の知恵(知識)!?なのではないかと…(^^ゞ


そして、それを後世に「伝える」事!!

それは、何よりも大切な事なのではないでしょうか…

ネッ!?\(~o~)/
Posted by petit fairy at 11:55 | カラーのお話 | -
title_pict 今回のテーマは『白』で〜す♪
今回のテーマは『白』ケーキ2で〜す♪

なぜ『白』か??今の私のマイブームカラーなので(^^ゞ

今回はお付き合い下さい汗(すみませ〜んm(__)m)

と、言うのもテレビのドラマで【花より男子】ってご存知ないですか??

(私の職場では人気なんですが…ラブ

その中でも「花沢類」演じる「小栗旬」という俳優さんは

いつも『白』を基調としたい衣装・インテリアが多くて、

思わず目に留まってしまったというのも理由の1つわーい

そして、今年のテーマカラーであることも重なり、

少し『白』に関してお話できればと思います。

皆さんは、『白』と言うとどんなイメージでしょうか??

一般的に『白』と言う色は、純粋で、無邪気(そして気品!?)。

何色とでも調和し、活気と健康的・清潔感を演出する色といえまするんるん

が、中には…ちょっぴり孤独で注目を浴びたいと言う一面も汗

なのに、自分の世界を持っていたいタイプ。


ちょっと難しい気もしますが、

つまり、悪い意味ではなく純粋で無邪気だからこそ

個性的で自分の世界を大切にしたいと言うことなのかも知れませんねウィンク

不思議な魅力を持つ色なのかも…ぴかぴか

ちなみに、こんなときには『白』のパワーを…

悩んだり・悲観的になってしまった時

特に日本で『白』は、人間のよどんだ煩悩や欲望を洗い流す色

とされ禊の象徴でもあるそうです。

色彩心理からみても、

人が人生の新しいスタートをきる時桜

気持ちのリセット色としてよく使われるそうです。


「心を真っ白にする」

「頭を真っ白にする」

「白紙に戻す」


これらの言葉、色々な意味で使われますが、

どこか、相通じるところがあるのではないでしょうか??

これは、あくまでも、私の個人的意見なんですけど…ネたらーっ

そうそう、下着に『白』もいいそうですよくるりん

ピンクやパステルなどと同じく、若々しさを保つ色だそうで〜すよつばのクローバー










Posted by petit fairy at 14:43 | カラーのお話 | -
title_pict 2007‘Spring&Summer テーマカラーは…?
2007‘Spring&Summer テーマカラーは…?

「今年の流行の色は…」と言う言葉、毎年皆さんよく耳にしませんか?

「流行色」実はこれ、インターカラー協会(加盟国)が

2年も前から様々な情報を収集し、プロモーション

そしてファッション業界それに関連するもろもろの業界をリードしていき、

やっと実シーズンを迎えるわけですニコニコ

そして、今年の「テーマカラー」は…優しい愛情に包まれる・

家族の愛ラブをテーマとし、



*暖かいピンクかわいい

*ラベンダーかわいい

*ナチュラルなアイボリー(ベージュ)かわいい

*ホワイトかわいい
などだそうです。

ただコレは、あくまでも1つの情報としてですから、

苦手な色であれば無理をして買うことも、

身につける必要もないと思いますわーい

ただ何らかのアクセントとして、

例えばバックや小物スカーフ・インナーなど、

ほんの少し取り入れてみるのはおススメかも…ぴかぴか

新しい着こなしを見つけるきっかけになるかもしれませんしねウィンク

ファッションのバランスのよいコ―ディネート方法は

一般的にベースとなるジャッケットやスカート、パンツなどを

よつばのクローバー【ベースカラー70%】

続いてインナーなどの

よつばのクローバー【サブカラー25%】

最後にアクセントとして変化をつけるアクセサリー小物類

よつばのクローバー【アクセントカラー5%】


と言われています。


もしよろしければこれからの季節ちょっとオシャレをしてお出かけ!!

なぁ〜んて時のご参考になればと思いますラッキー

くれぐれも、ご注意して頂きたいのは

ご自分が着ていて心地いいとかリラックスできる、

自分のお気に入りのスタイルがあれば、

それをまず1番に大切にしてあげてくださいネるんるん

そして、ちょっとした冒険ウィンク!!

という感じでぴかぴかいかがでしょうか??


Posted by petit fairy at 20:30 | カラーのお話 | -
title_pict ちょっと見つけた、お気に入り〜♪(^^)v
ちょっと見つけた、お気に入り〜♪(^^)v

ここ最近、いろんな「脳トレ方法」が取り上げられていますよネ〜(^-^)

何か試された方、いらっしゃいますか??

確か…「大人の塗り絵」も本屋さんでよく見かけますよネ。

そんな時、こんな本を見つけました!!


20070112_160350.jpg


「しきさいがく!!」

(漢字で書くなら…皆さんは、どんな漢字を書きますか??)

この言葉(漢字)すごく新鮮で…(*^_^*)

何だか、漢字通り…

カラーも楽しくなくっちゃ♪

(今までの私は「色彩学」の事ばかり…
頭が堅くなっていたような気がするので(^^ゞ)

『色彩楽』!!

ちょっと、お気に入りの塗り絵(本)&言葉(漢字)で〜す(^^)v


*同じ「がく」だけど…

『学』と『楽』!!どっちも大切な事だなぁ〜って、

しみじみ感じてしまいました(^-^)
Posted by petit fairy at 20:29 | カラーのお話 | -
title_pict 今日のテーマは…『ピンク』♪♪
今日のテーマは…『ピンク』♪♪

以前、「ピンクの呼吸法」をご紹介させて頂いたのですが…

覚えてくださってますか??

そう!!『ピンク』は細胞自体を若返らせてくれる色でもありましたよネ♪

では、皆さんは『ピンク』と言うと…何をイメージされますか?

一言に『ピンク』と言っても様々な『ピンク』がありますよネ(^-^)

淡い色から鮮やかな色まで。

それによって、若干意味合いが変わってはきますが(^o^;

『ピンク』の代表的なイメージ(色彩心理)としては…

幸福・優しさ・こまやかな心配りができると(母性!?)などなどです♪

『ピンク』を選ぶ時には…優しい気持ちだったり・幸せな気分と言う事なのかも(*^_^*)

逆に、イライラしちゃったり・怒りっぽいかな(・・;)

と、言う時には気分転換に『ピンク』のパワーを借りてみてはいかがでしょう?


よく「バラ色の人生」と言う言葉、耳にしませんか?

あのバラの色って何色だと思いますか??

カラーの世界の一説には…『ピンク』を意味する。

と言う解釈の仕方もあるようです。

優しく・至福に満ちた人生と、考えればそれもそうかも…(^-^)

思わず『ピンクのバラ説』にも、納得ですo(^-^)o


20061227_148082.jpg


バラにちなんで…我が家のプランターの中のちっちゃなバラ園で〜す♪

植えてから1年近く、花を絶やさず一生懸命咲いてくれています。

形は少しバラバラですが…(笑うトコですよ〜(^^ゞ)

玄関先で、毎日目にする私にとっては大切なちっちゃなバラ園です(^^)v
Posted by petit fairy at 23:11 | カラーのお話 | -
title_pict 今日のテーマは…『赤』で〜す(^-^)
今日のテーマは…『赤』で〜す(^-^)

『♪ 赤い妖精 ♪』

1年の中で、1ば〜ん『赤』がキレイに見える季節は皆さんもご存知の通り、『冬』です(^-^)

以前、『赤』は赤でも冬は月によって色が少し変わると教えて頂いた事がありましたo(^-^)o

中でも11月は…『紅葉の赤』

12月は…『クリスマスカラーの赤』

1月は…『お正月の赤』

と、少しずつ雰囲気は変わるそうです(^-^)

私の推測ですが…(^^ゞ

『赤』がキレイに見えるのは、寒くなる冬だからこそ心理的にも暖色系の代表の『赤』は皆さんの目にも、いつもに増して

【鮮やかに暖かみのある色】として映っているのではないかと、思うのですが…(^-^)

いかがでしょうか??

今日は、我が家の赤いモノを集めてみました(^^)v

どれも、今朝撮れたてホヤホヤの『赤』ばかり!!

『赤』ってパワーをくれる色だけど…身につけるのは、ちょっと…(^^ゞ

と言われる方!?

自然の『赤』はいかがですか??

自然の中では、二つとしてないカラーパレットの『赤』!!

見ているだけでも『赤』のエネルギー&パワーをもらえるかも…(^^)v


20061212_135874.jpg


*写真は…左上から、ボケの花・南天・もみじ・さざんか、で〜す♪♪
Posted by petit fairy at 09:37 | カラーのお話 | -
title_pict 車大好き!!車の色選びの妖精
車大好き!!車の色選びの妖精車

『車』って、結構大きな買い物ですよネ(と、思うのは私だけ…?汗

まず、買おうかな…から始まって、

車種をいくつかピックアップして、

性能は、色は…などというふうに決めていくのでしょうか?

選ぶ過程も楽しかったりしますよネ♪

という訳で、今回は車の色選びについて、お話していきたいと思いますわーい

もう既に、色は『コレ!!』と決めてらっしゃる方も、

何色にしようか迷っていらっしゃる方も、色彩効果(心理)から見た色選び。

よろしければ1つのご参考になればと思います。

まず、いきなりですが…

1番事故に遭いにくい色は何だと思いますか??

答えは…黄色で〜す!!わーい

黄色という色は注目色(注意色)と言って人間の目から見て、

認知され易い色なのです。


例えば、道路標識は黄色がよく使われてますよネ。

特に危険や注意を促す場合、よく目にしませんか?

これは、黄色が認知され易いためです。

これは、私の推測ですが…

タクシーに黄色が多いのも遠くからもよく見えるように

ということの1つの理由ではないでしょうか!?

ではでは、逆に『事故に遭いやすい色』は…??

それは、青・緑といった色が、比較的多いそうです。

なぜなら、理由は大きく2つ考えられます。

1つ目は…青や緑という色は、

自然界にある色で…『青=空・緑=山』と言うふうに、

自然に溶け込みやすいということ(安心し易い色)。

もう1つは…特に青に言えることですが、

青は『後退色』と言って、車に限らず実際よりも遠くに見える傾向があるので、

距離感を錯覚され易いということです。

ちなみに、『進出色』は、黄色はもちろん、赤や白などです。

比較的早い段階で他者に認知され易い色です。

そして、黒や紺といったダークな色は重厚感・高級感がある色です。

が…どの色にしても、

ダークな色は特に夕暮れ時などは他の車からの認知が遅れやすくなるので、

早めのライトの点灯ぴかぴかぴかぴかぴかぴかなどを心がけることをおススメしますニコニコ

どの色の車を選んでもくれぐれも安全運転で行きましょうネ!!ウィンク


200610052031000.jpg
Posted by petit fairy at 12:45 | カラーのお話 | -
title_pict 子供大好き!! 子育てママの妖精
かわいい  子供大好き!! 子育てママの妖精  かわいい

あなたは、『ぶなんな色』=何色を想像しますか?

例えば…黒・グレー・ブラウン・ベージュ!?などでしょうか??

となると、お洋服など色合いと言うものが

パターン化されていると言う事はないですか?

今回は子育て中のお母サマたちに特にお勧めのカラーのお話です子供

赤ちゃんはもちろん、まだ小さいお子サマをつれてらっしゃるお母サマ。

やはり、母親が1番我が子と過ごす時間が長いのではないでしょうか?

抱っこをしたり・添い寝をしたり・一緒に遊んだり…

子供がよく目にする色(お部屋の色はもちろん)

それは、母親の着ている洋服の色もその中の1つではないでしょうか…

実は、この幼少期に決まった色、

特に色味をおさえたモノを多く目にする事はあまり好ましい事とはいえないのですひやひや

例えば、子供のおもちゃ。

特に小さい子のおもちゃと言うのは、など

比較的原色に近くハッキリとした色や明るいパステル系が多いと思いませんか?

おもちゃに限らず、

ベビー服売り場などもそういった配色が多いと思うのですが…

幼少期の子供は色合いのハッキリした明るいものを好む傾向が強いのですおはな

そして、この頃から既に子供は色彩に対する感覚を身に付けていくのです。

そんな大切な時期、

1番身近な人やモノにダークな色を多用するとどうでしょう…汗

ダークな色(明度の低い色)は潜在性が高く

活動性を低くさせる効果があるとも考えられます。


なので、ダークな色を身に付けないようにと言うつもりはありませんがたらーっ

頻度を減らす・あるいは面積のバランスを考えてみるのはいかがでしょう。

(お洋服で例えるなら、アクセントに明るい色をインナーに着るなど…)

では、色々な色彩を…と言ってたくさんの色が揃った

『クレヨン』『色えんぴつ』を買い与えて

色彩感覚を身に付けさせるのではなく

始めは、限られた色をぬり重ねて新しい色ができる事や、

私個人の意見を言わせて頂くなら『自然の色』にまず親しんで欲しい!!

日本には四季があり、

それぞれの季節には様々な植物が色を変え目を楽しませてくれますニコニコ

カラーとは、

本来自然の中かで多く生まれてきたと言う歴史も持っていますよつばのクローバー


そんな自然の色を出来るだけ見せてあげて欲しいポッ

出かけられなくても、

窓から見える『空の色』・『雲の色』・『夕焼け空』もステキぴかぴかでしょう。

そして、山富士山を見れば緑があって、おもしゃ・その2でも緑は緑でも色々な緑がある事。

そんな些細な事からでイイ!!

いろんな色彩に触れながら、

我が子と過ごす時間を持ってみるのもいいのではないでしょうか??



あなた自身も少しリフレッシュできるかもしれませんネよつばのクローバー

そしてまた子供の成長に合わせてカラーも少しずつ変えていく事が理想ですウィンク

またの機会にご紹介しますネかわいい

今回は少し長かったですね。ゴメンなさいたらーっお疲れ様でした。

おもちゃ・その1
Posted by petit fairy at 07:48 | カラーのお話 | -
title_pict 食欲の秋!?それとも…ダイエットの秋?? 食事の妖精
食欲の秋!?それとも…ダイエットの秋?? 食事の妖精

日に日に秋らしさを感じてきた、今日この頃ニコニコ

食欲は夏に比べていかがですか?

昔から『食欲の秋もみじ』と言うくらいですから、

自然と食べるものが美味しくまた食が進む季節と言えるのでしょう。

季節の食材も豊富でうれしい季節ですが…

ダイエット中の方、もしくは食事制限のある方にとっては

少し酷な季節かもしれませんよネたらーっ

と言うわけで、今回はカラーでダイエットのサポートができればと思いますラブ

それは、いたって簡単!!

食事をする空間(部屋のインテリア・食卓のテーブルクロス・

ランチョマットなど)を寒色系でコーディネートしてみるというものです。


寒色系と言うと1番は青ですよネ青い旗

すべてを青にする必要はありませんが、

食事中に目に付く所をまず青でコーディネートしてみてはいかがでしょう??

青という色は食欲を抑える働きがほかの色に比べると高いと言えます。

そして何より、食事を美味しく演出しにくい色が青なのです汗

そして、これで短期間に何キロダイエットと言うものを目的としているものではなく

あくまでもカラーを使っての心理作用の1つに過ぎませんので、

食事をする時の環境空間として参考にしてみて下さいウィンク

カラーが少しでもお役に立てばと思っています。

逆に食欲のない方…この反対の事を試してみて下さい。

暖色系やカラフルな食事は

食欲を増進させてくれると考えられます。


例えば、レストランの看板や、居酒屋さんのちょうちん赤い旗

暖色系が多いと思いませんか??
Posted by petit fairy at 12:39 | カラーのお話 | -
title_pict あなたは、多数派?少数派?? 色とりどりカラーの妖精
200609051125000.jpg

あなたは、多数派?少数派?? 色とりどりカラーの妖精

皆さんは『捨て色』ってご存知ですか?

『捨て色』とは、ごく身近なところで言えば、

ファッションやお化粧品で例えると分かりやすいと思うのですが…

服にしてもメイクにしてもシーズン毎に流行の色が出てきますよネラブ

季節の変わり目は新製品も多く発売され、

いろいろな色味を目にすることのできる時とも言えるでしょう。

しかし、その中には『捨て色』と言う色が含まれているという事も…!?

流行色・人気色

(おそらく多くの人に受け入れられるであろう事を見込んだ色)と、

それを引き立たせるための色

(おそらく少人数の人にしか受け入れられないであろうと見込んだ色)

があるのです。

もちろん、『捨て色』とは後者の事を言います。

消費者として『捨て色』を購入してしまったかどうかと言うことは、

あまり考え込まなくてもいいと私は思いますニコニコ

(私自身これは『捨て色』だろうな、と分かりながらこれを使いこなしたい!!

と思ってあえて買う時もあります。冒険と言えば、冒険ですけど…汗

10人いれば10人それぞれ色の好みはあると思います。

そして、多数派か少数派かと言うだけで、

似合う色も好きな色も皆違うのですから…

『捨て色』それは少し個性が強い色なのかもしれませんネウィンク

ただ1つの知識として、お店で様々なカラーと出会うとき

知っているとまた違った角度でカラーと

関わっていくことができるのではないかと思います…ぴかぴかぴかぴかぴかぴか
Posted by petit fairy at 14:12 | カラーのお話 | -

Recent Entries

Categories

Archives

Bookmarks

Profile